PR

アイムドーナツはなぜ人気?大阪でも買える?「まずい」というウワサは本当?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは。ピンキーです!

メディアで紹介されているので、耳にしたことがある人もいると思いますが

「I’m donut?」(アイムドーナツ)は行列のできる人気の生ドーナツ屋さんです。

お店の紹介がTVでやっていたので、「おいしそう~食べてみたいなぁ」と店舗を検索してみました。

ところがですよ!!大阪には店舗がないんです!!信じられない(涙)悲しい・・・

現在は全部で5店舗だそうで、福岡に1店舗。それ以外の4店舗はすべて東京です。

東京の店舗が多いですが、発祥の地は「福岡」だそうです。

開店直後は3時間の行列で、今は1時間程度の待ち時間だそうです。

それだけ待っても食べたい生ドーナツってどんなのよ!?

そんな感じで、さらに興味がわいてきました!!

この記事では

・アイムドーナツの人気の理由
・大阪でも買える
アイムドーナツ以外の「生ドーナツ」
「まずい」というウワサは本当?
・アイムドーナツの人気メニュー(福岡店の人気ランキング)

をまとめています。

これだけ人気のドーナツ店なら、今後大阪に出店する可能性は高いことが予想されます。

きっと長時間の行列ができること間違いなしなので、

事前にリーサーチしておいて、一緒に準備万端にしておきましょう!!

アイムドーナツはなぜ人気?

「なぜこんなに人気なのか?」それには、2つ理由がありそうです。

理由その1:新感覚の不思議な「生ドーナツ」

1つ目の理由は、新感覚の不思議な「生ドーナツ」だからです。

私たちが今まで食べたことのある「ドーナツ」と、アイムドーナツの「生ドーナツ」は、別の食べ物と感じる人がいるほど、いままでとは違う新食感の不思議なドーナツになります。

持つと崩れそうなほどやわらかい生地で、空気を含んでいるような軽い食感が特徴。

口に入れると溶けてなくなってしまいそうな気さえします。とろけるようなふんわり感ともちもち食感を楽しめるドーナツです。

理由その2:SNSを意識した戦略

2つ目の理由は、SNSを意識してブームを戦略的に作ったからです。

「インスタ映え」するドーナツとして見た目にも楽しませるドーナツをSNSを通して宣伝し、戦略的にブームを作ったということです。

ドーナツだけでなく、「おしゃれな店舗」も来店した人が、ついつい写真を撮ってSNSにアップしたくなるような内装になっています。

ブームの仕掛け人は、数年前の大ブームスイーツ「マリトッツォ」の火付け役としても有名な平子良太シェフ

シェフとしてだけでなくビジネスパーソンとしても成功しているなんてスゴイですね。

大阪でも買える「生ドーナツ」PIECE OF BAKE(ピースオブベイク)

「アイムドーナツ」が大阪では買えないことは、わかりました。

近畿で買えるところがあるかな?って調べてみたんですが、残念なことに、どこにも出店していませんでした。

これだけ人気店なので、数ヵ月後には大阪にも・・・??と期待して待っています!!

<アイムドーナツの店舗は現在5店舗>
中目黒店・渋谷店・福岡天神店・原宿店・表参道店
※表参道店はテイクアウト専門店。イートインスペースはなし。

大阪で生ドーナツを食べるなら「PIECE OF BAKE(ピースオブベイク)」

PIECE OF BAKE(ピース オブ ベイク)の場所&メニュー

「PIECE OF BAKE」(ピース オブ ベイク)の生ドーナツは、看板商品のボンボローニを含め、全部で7種類あります。

郵便番号:530-0012
住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目1-3
   阪急三番街B2F
電話:06-6292-5622
営業時間:11時00分~22時30分(毎日)
     ※売り切れ次第終了
定休日:不定休
アクセス:阪急大阪梅田駅直結

PIECE OF BAKE(ピース オブ ベイク)の人気商品は?

人気No.1 「クレマ」は、生クリームとカスタード入り。
人気No.2 「チョコ」は、チョコレートクリーム入り。
人気No.3 「ピスタチオ」は、ピスタチオクリーム入り。

アイムドーナツは「まずい」というウワサは本当?

これだけ行列のできる人気店ですが、「まずい」というキーワードで検索している人もそれなりにいるようです。

大行列に並んで買ったドーナツが美味しくなかったというのは、ちょっとツライので、まずい」というウワサの真相を調べてみました!!

新感覚すぎる

私たちが今まで「ドーナツ」と認識して食べていたドーナツと食感が違いすぎて、頭のイメージと実際の感覚が違い、脳が混乱してしまうようです。

新感覚すぎるということですね!!

つまり、「まずい」と表現されている理由の一つには、「思ってたのと違う」という意味合いものも含まれているようです。

口コミでも、いろいろな表現をされていました。

あれってドーナツ型したババロアですよね。
ドーナツという名称だから頭の中が「?」になります

「え・・・ドーナツじゃないじゃん・・・がっかり」

人によっては、食感がケーキやプリンみたいと表現している人もいたよ!別の食べ物と認識して食べるのがよさそうですね。

アイムドーナツの人気メニュー

たくさんの種類があり、店舗によって多少取り扱っているドーナツが違いますそれに加えて、その店舗でしか買えないという店舗限定ドーナツがあり、どれにしようか確実に迷ってしまいそう!!

値段は、ドーナツとしては少しお高めな印象で、だいたい、1個300円から450円のものが多いです。

4人家族だと1人1個の計算でも2,000円近くするので、1度にたくさん買うこともできないですよね。

どれを買おうかあらかじめ考えておかないと、決めるのが大変そうです。

すべて手作りで、素材にもこだわって無添加です。なので、お値段が少し高めなのは納得ですね。

「I’m donut ?」(アイムドーナツ)

看板メニューで1番人気 237円(税込)

ブリオッシュ生地にきび砂糖をまぶし、ローストしたかぼちゃを練りこんだ生ドーナツ生ドーナツ特有の「ふわしゅわっ」とした食感や小麦の風味をしっかりと楽しめる看板ドーナツです。

「glazed」(グレーズド)

こちらも定番の人気商品。259円(税込)

シンプルだからこそおいしさを感じられる商品です。しっかりと焼き色をつけた生地に、グレーズをたっぷりかけたシンプルなドーナツ。ライ麦が香ばしく、素朴な味わいが楽しめます。

「lemon」(レモン)

レモン風味のグレーズをかけ、フレッシュなピスタチオと削りたてのレモンピールをトッピング。281円(税込)

生地の香ばしさとレモンの甘酸っぱさがちょうど良い、甘すぎない生ドーナツです。

価格は変動する可能性があるので購入前に確認してね。

アイムドーナツのまとめ

 

◆アイムドーナツの人気の理由は2つ
◆1つ目の理由は、新感覚の不思議な「生ドーナツ」だから。今まで食べたことのない新食感にハマる人が続出
◆2つ目の理由は、SNSを意識して戦略的にブームを作ったからみんなが写真をとってSNSに載せたくなるような見た目にも楽しいドーナツや店舗になっている。
◆アイムドーナツは、現在、大阪では買えません。大阪で「生ドーナツ」を買うならおすすめは、大阪駅直結のPIECE OF BAKE(ピースオブベイク)」
◆アイムドーナツが「まずい」というウワサの真相は、食感が新感覚すぎるから。
◆今まで慣れ親しんだドーナツとは違いすぎて、頭でイメージしたドーナツと、口に入ってきたドーナツのギャップに脳がビックリして「まずい」という表現になっている可能性がありそう。
◆実際の口コミでは、「ババロア」や「プリン」みたいと表現している人もいたので、「ドーナツ」と「生ドーナツ」は別の食べ物と認識して食べるのがよさそう
◆アイムドーナツの人気メニューは、①I’m donut?(アイムドーナツ)②glazed(グレーズド)③loemon(レモン)
いかがでしたでしょうか?
生ドーナツを食べたことのある人も・食べたことのない人も
そろそろ甘いものが食べたくなっているのではないでしょうか??
カロリーも値段も気になるところなので、ご褒美スイーツとして食べてみたいですね!!
関西への出店待ってます!!
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pinkyをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました