PR

パリオリンピック2024|バスケ日本代表のイケメン富樫勇樹選手

エンタメ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2024年7月26日(金)にフランスパリで行われる開会式を皮切りに

いよい第33回オリンピック競技大会パリオリンピック2024が始まります。

パリ五輪の日程は7月26日(金)~8月11日(日)で、サッカーやラグビーなど一部の試合は、開会式の2日前から、開始される予定です。

日本との時差は7時間あり、多くの試合は日本時刻で午後~夜中になることが考えられます。

続々とパリオリンピック出場が決まってきていますが、その中でもバスケットボールは、48年ぶりの快挙で、男女揃っての自力出場になります!!

男子バスケットボールは、「FIBA(国際バスケットボール連盟)バスケットボールワールドカップ2023」にて、最終順位19位となりアジア1位の成績を収め、その結果をもち、2024年7月24日から開催予定の「パリ2024オリンピック」への出場権を獲得しました。

2023年のワールドカップもTVの前で興奮しながら応援していました!!

私は普段は熱心にスポーツをみる方ではありませんが、オリンピックは世界のトップアスリートが集結するとあって、素人にでもプレーのスゴさは伝わるものがあり興奮しながら見てしまいます!!

最高のパフォーマンスをするアスリートを見ているとものすごくカッコイイですよね!!

特にイケメン選手はついつい目に付いちゃいます!!かっこよさが2倍増し!!

今回は、パリオリンピックの出場も決定しているバスケットボール界から日本代表のイケメン『富樫勇樹』選手について紹介していきたいと思います。

その他に、7月に開催されるパリオリンピックをもっと楽しむために初心者向けのバスケットボールの知識もお伝えしていきますね。

この記事では、

イケメン「富樫勇樹」選手について
☑富樫選手のイケメンエピソード
富樫選手のプレーの見どころ
初心者向けバスケの知識
☑富樫選手の愛用品
☑2024年パリ五輪の男子バスケ日程
などを簡単にわかりやすくまとめています。
イケメン冨樫選手とバスケットボールのことを知って、7月に開催されるパリオリンピックをみんなで一緒に楽しんでいきましょう!!

バスケ日本代表|イケメン富樫勇樹(とがし ゆうき)選手のプロフィール

名前:富樫 勇樹(とがし ゆうき)
生年月日:1993年7月30日(30歳
出身地:新潟県
身長:167cm
体重:67kg
所属チーム:Bリーグ・千葉ジェッツ所属
ポジション:ポイントガード

ちなみにご結婚されているそうです。子どもさんがいるかは公表されていません。


<冨樫親子について>
父母ともにバスケットボール選手だったそうです。
父親はバスケットボールの指導者で新潟の開史国際高校をウィンターカップ初優勝に導いたことで有名な監督です。

冨樫選手も新潟の新発田市立本丸中学校で、コーチと選手として中学時代の3年間を過ごしたそうですよ。

バスケ日本代表|富樫勇樹選手のポジション|ポイントガード(PG)とは??

富樫 勇樹(とがし ゆうき)選手のポジションはポイントガード(PG)です。
ポイントガードとは、5つあるバスケットボールのポジションのうちの1つです。
ポイントガードってなに?という方は、ポイントガードが担う役割や資質を知ることで、
より冨樫選手のすごさやパリオリンピックでの活躍を楽しんでみることができるはずです!!
簡単にまとめてあるので、ぜひチェックしていってくださいね!!

ポイントガードが担う役割

  • コートの上の監督と言われ、司令塔としての役割を担っている。
  • 主にバックコートからボールを運び、攻守でフォーメーションの指示をだす。
  • チームのメンバーをまとめて、試合をコントロールする役割もある。
  • ハンドリングスキルが高く、パスが上手い
  • スピードがある。

スラムダンクでは、宮城リョータがPGだよ。

ポイントガードに必要な資質

  • リーダーシップがある。
  • 試合全体をコントロールするための判断力がある。
  • チームメイトと良好な関係を築ける。
  • コミュニケーション能力が高い

バスケ日本代表|富樫勇樹選手のイケメンエピソード

  • Bリーグ史上初となる1億円プレイヤーになった。
  • 2023年3月の天皇杯で4年ぶりの優勝を果たし、MVPを獲得した。
  • B1史上初の記録「個人通算800回3ポイント成功」を達成。
  • 低身長をカバーして余りあるほどの圧倒的なスピードや切れのあるクロスオーバー、精度の高いシュート能力で得点を量産。
  • チームを勝たせる判断力とリーダーシップで「2023年のワールドカップ日本代表のキャプテン」を務めた。
  • どんな状況でも興奮状態に陥らず、平常心を保つことができる強い精神力を持っている。

ポイントガードというポジションである理由がよくわかります!!

バスケ日本代表|富樫勇樹選手のプレーの見どころ

富樫 勇樹選手が得意とするのが高い軌道を描くフローターシュート

トップスピードで相手を抜き去り、ふわりと浮かせたフローターシュートで、長身のディフェンスに負けずに得点を決める姿はかっこいいです!!

パリオリンピックの試合でもフローターシュートがみられるはずです。注目して見てみましょうね!!

<フローターシュートとは>
レイアップシュートの一種で、ふわっと浮かせるように高い軌道で放たれるシュートです。ディフェンスのブロックをかわす角度で打ちます。身長差がある場合でも有効なシュートになります。その一方でボールのコントロールが難しいというデメリットもあります。

高いブロックをかわしながら素早くボールの軌道を判断し、かつそのとおりにボールを扱うための高いハンドリングスキルが必要なシュートですね。

シュートが決まるとめちゃめちゃカッコイイです!!パリ五輪でも注目してみてね!!

バスケ日本代表|富樫勇樹選手の愛用品

ナイキカイリー7

愛用のバッシュは「ナイキカイリー7」です。

現在は、販売中止になっているので在庫を大量に買い置きしてストックしているため、

手元のストックがなくなったら、どんなに気に入っていても違うバッシュに変えることになってしまうそうです。

1足を履きつぶすのではなく、同じ種類のシューズを練習用・試合用で使い分けているとインタビューで話されていました。

まさに愛用品ですね!!

ザムスト『BRAVE PAD SHORTS』

ザムストのパッド付きショーツBRAVE PAD SHORTS

コンタクトスポーツであるバスケでは、相手選手との激しい衝突があります。

その際に相手の膝が太ももに接触するなどして、太ももにダメージを受けるケースが多くあります。

太ももにダメージを受けると膝の動きが悪くなり、プレーそのものにも大きく影響が出てしまいます。そのようなダメージを軽減する役割をもつのがこの商品です。

冨樫選手によると、履いていると非常に安心感があり、ケガの心配をせずにプレーに集中できるため愛用しているそうです。

どんなスキルや精神力が高い選手でも、ケガをしてしまうと最高のパフォーマンスが出せないですもんね。

2024年パリオリンピック|男子バスケットボール出場国と日程

パリ五輪|出場国

フランス・ドイツ・セルビア・カナダ・アメリカ・オーストラリア・南スーダン・日本
※残り4カ国は、7月2日~7月7日の最終予選で決定する予定。
※3月19日にパリ五輪の組み合わせ抽選会を行う予定。

男子バスケットボール開催日程

7月27日(土)から開始。順調に勝ち進めば8月10日・11日にメダル確定となります。日本とパリの時差はプラス7時間あります。試合は深夜の放送になるかもしれませんね。

パリオリンピック2024|バスケ日本代表のイケメン富樫勇樹選手 まとめ

バスケ日本代表|富樫勇樹選手は1993年生まれの30歳身長167cmとバスケ選手としては小柄。既婚で子どもがいるかは不明。両親ともにバスケットボール選手で、父親は有名な監督。冨樫選手自身も中学生時代にコーチと選手として過ごしていました。
◆バスケ日本代表|富樫勇樹選手のポジションは「コート上の監督」とも言われるポイントガードで、チームのメンバーをまとめて試合をコントロールし、司令塔として指示を出すなどの役割を担っています。
◆バスケ日本代表|富樫勇樹選手はBリーグで史上初の1億円プレイヤーとなり、個人通算3ポイント800回をB1史上初の記録として達成し、2023年ワールドカップ日本代表のキャプテンを務めるなどイケメンエピソードがいっぱいです。
◆バスケ日本代表|富樫勇樹選手の得意とするプレーは高い軌道を描くフローターシュート。身長差がある場合でも有効なシュートだが、高い技術が必要なシュート方法。パリ五輪でも注目のプレーです。
◆バスケ日本代表|富樫勇樹選手愛用品は『ナイキカイリー7』とザムストのパッド付きショーツ『BRAVE PAD SHORTS
◆2024年パリオリンピック|男子バスケットボール日程は7月27日(土)から開始。順調に勝ち進めば8月10日・11日にメダル確定となります。
パリオリンピックでの冨樫選手のかっこいいプレーを見るのが楽しみですね!!
パリまで行くことができなくても、ビール片手にTVの前でみんなで一緒に応援しましょうね!!
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
Pinkyをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました