PR

高橋藍はどこのハーフ?兄妹・父母もバレー選手!?【日本代表|パリ五輪】

エンタメ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、ピンキーです!

3月19日に2024年度の男子バレー日本代表龍神NIPPON』の登録メンバー32選手が発表されましたね。

男子バレー日本代表は、すでにパリ五輪への出場が内定しており、5月開幕のネーションズリーグ2024など大会や合宿を経て7月のオリンピックに向けてチームを完成させていく予定です。

さて、パリオリンピックまであと数か月となり、徐々に盛り上がりを見せている男子バレーボールですが、

橋藍(たかはし らん)選手ももちろんメンバー入りしています。

髙橋藍選手はイケメンでも話題となりハーフと思われることも多いそうです。

私もハーフだと思っていましたが、実はハーフではなくクォーターだということなので、親のどちらかがハーフだということですね。

この記事では、

✅髙橋藍はハーフではない
✅髙橋藍はどこの国クォーター
✅髙橋と高橋慶帆兄弟
✅髙橋藍の父母兄妹バレー選手

などについて調べたことをわかりやすくまとめてみました。

これらのことが気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

髙橋藍(日本代表)はどこのハーフ?

冒頭にお伝えしたとおり、高橋(たかはし らん)選手はハーフではなくクォーターだそうです。

ということは、4つの国の血が混ざっているということですね。

これに関しては、である髙橋塁(たかはし るい)さんが過去にSNSの投稿で説明していました。

投稿の内容は、日本アメリカイギリスドイツ4か国の血が混ざっており、父親が日本人・母親が日本人とアメリカ人のハーフになるそうです。

ここで「あれ?ドイツやイギリスはどこから来たの?」と思いますよね!母親はアメリカだけでなく、イギリスやドイツの血も入っているということだそうです。

生粋の日本人が多い環境で育ってきたので頭が混乱しそうになりましたが、母方の祖父母の血も混ざっているということなのでしょうね。

髙橋藍(日本代表)と高橋慶帆(けいはん)は兄弟?

高橋 慶帆(たかはしけいはん)選手も日本代表メンバーの1人で、あまりにも美形で話題となりました。

人気のある選手のうちの1人で大学生でまだ若い選手です。20歳という若さですが、経歴を知るとすごい選手ということがわかると思います。

髙橋藍(たかはし らん)選手と高橋慶帆(たかはし けいはん)選手は、同じ苗字であることと、2人とも日本人離れした顔立ちのため「兄妹では?」と思う方も多かったようです。

私もそう思って調べてみたのですが、全く血縁関係はありませんでした。

他にも男子日本代表メンバーに高橋健太郎選手や高橋和幸選手がいますが、ハーフ顔ではないためなのでしょうか?不思議と兄弟説のウワサはありませんでした。

髙橋藍(日本代表)の家族もバレー選手?

髙橋藍選手の家族構成父・母・兄・妹5人家族で、2歳年上の兄と3歳年下の妹がいます。

髙橋塁(たかはし るい)さんもバレーボール選手V.LEAGUE DIVISION1のサントリーサンバーズに所属して活躍中です。

髙橋莉々(たかはし りり)さんも「京都両洋高校」でバレーボール部に所属していました。

ネット上では、現在の莉々さんは看護の道に進んだとのウワサがありますが、その根拠となる情報はありませんでした。

もし進学先でバレーボールを続けているとすればメディアでも取り上げられているかなと思うので、現在はおそらくバレーボールをしている可能性は低いと思われます。

ご両親は一般人のようで、特にバレーボール選手だったというような情報はありませんでした。

三兄妹の名前の由来が意外でおもしろい!

お父様は大の野球好きだそうで、子どもの名前にもその野球好きが反映されています。

藍(らん)」という名前は、ホームランが由来だそうで、「塁(るい)」はいわずもがな、出塁などで聞きなじみのある野球用語ですよね。

莉々(りり)」さんという名前も野球用語の「リリーフから来ているそうです。

きっと名前を付けたときは、甲子園に行って野球選手になることをイメージしていたのかもしれませんね。とくかく野球が好きなことだけは伝わります(笑)

髙橋藍(たかはし らん)選手のプロフィール

名前:髙橋 藍(たかはし らん)
生年月日:2001年9月2日
年齢22歳(※2024年4月現在)
身長188㎝
体重:84㎏
最高到達点:343㎝
ポジションアウトサイドヒッター(OH)
出身大学:日本体育大学(在学中)
所属チーム:ヴェロ・バレー・モンツァ
髙橋藍選手は昨シーズンまでイタリアのセリエAのチーム「パッラヴォーロ・パドヴァ」に所属していましたが、現在は「ヴェロ・バレー・モンツァ」に所属し活躍しています。
同じ日本代表の石川祐希選手もそうですが、日本国内だけではなく、世界を視野に入れて自分で自分の道を切り開いていく選手が多くなってきていることが、日本のバレーボールの底上げにつながっているのだなと改めて感じさせられました。
そういうバレーボールに対する真摯な姿も人気のある理由の1つだと思います!!
▶プロのバレーボール選手として活躍する石川祐希選手の年収などに関する記事はこちら

2024年パリオリンピック|男子バレーボール日程

 

パリオリンピック男子バレーボール出場国

フランス、ドイツ、ブラジル、アメリカ、日本、ポーランド、カナダが出場権を獲得した。
※残り5カ国は、6月のネーションズリーグの予選ラウンドが終わった時点の世界ランキングで決まる予定。

男子バレーボール開催日程

7月27日(土)から開始。順調に勝ち進めば8月9(金)~11(日)にメダル獲得が決まります。

日本とパリの時差はプラス7時間あるため、試合は深夜の放送になるかもしれませんね。

パリオリンピック日本代表選抜メンバー一覧

龍神NIPPON」として5月からブラジルで始まるネーションズリーグをはじめ、この32名のメンバーで合宿・大会に参加し、オリンピックでメダル獲得に向けてチーム作りを行っていきます。

《ポジション》OH:アウトサイドヒッター OP:オポジット MB:ミドルブロッカー S:セッター L:リベロ

 

背番号 氏名 ポジション
1 西田有志 OP
2 小野寺太志 MB
3 深津旭弘 S
4 宮浦健人 OP
5 大塚達宣 OH
6 山内晶大 MB
7 高梨健太 OH
8 関田誠大 S
9 大宅真樹 S
10 高橋健太郎 MB
11 富田将馬 OH
12 髙橋藍 OH
13 小川智大 L
14 石川祐希 OH
15 甲斐優斗 OH
16 村山豪 MB
17 前田一誠 S
18 西山大翔 OP
19 高橋和幸 L
20 山本智大 L
21 永露元稀 S
22 デ・アルマス アライン OH
23 エバデダン ラリー MB
24 高橋慶帆 OP
25 山本龍 S
26 山崎彰都 OH
27 藤中颯志 L
28 麻野堅斗 MB
29 新井雄大 OH
30 渡邉晃瑠 MB
31 仲本賢優 OH
32 西本圭吾 MB

この中からどのメンバーがパリ五輪に出場することになるのか、これからが楽しみです!!

まとめ|高橋藍はどこのハーフ?兄妹・父母もバレー選手!?【日本代表|パリ五輪】

◆高橋藍はハーフではなくクォーター父親日本人母親アメリカ人母親の血にはイタリアドイツが入っているので、高橋藍は日本・アメリカ・イタリア・ドイツの4か国が混ざっている。
◆高橋藍高橋 慶帆(日本代表)血縁関係はなく従妹でも親戚でもない。2人とも同じ苗字だったことに加えて、2人ともハーフの顔立ち超イケメンだったため、兄弟では?というウワサになったと考えられる。
◆高橋藍選手のである高橋塁(たかはし るい)さんはバレーボール選手です。高橋莉々(たかはし りり)さんは高校時代はバレーボール部に所属していたそうですが、現在はおそらくバレーボールはしていない可能性が高い。
◆高橋藍選手の父・母は一般人で特にバレーボール選手だったというようなことはなさそうです。家族はかなり仲良しの様子で、兄の蘭選手のSNSでその様子を伺いしることができ、時折話題になっています。
7月まではバレーボールの大会や合宿が目白押しです。
パリオリンピック開幕の7月27日には最高のコンディションの髙橋藍選手に会えることを楽しみにしています!!
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
Pinkyをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました